ヘルニアのつらい痛みとおさらば~しっかりと治療を~

ヘルニアのつらい痛みとおさらば~しっかりと治療を~

男女

改善するには

男性

慢性的な腰痛

椎間板ヘルニアと呼ばれる腰痛は慢性的な腰痛持ちの方であれば分かるかと思いますが、ヘルニアは腰椎の椎間板が飛び出してしまっている状態のことをいいます。ヘルニアを患ってしまうと激しい腰痛や、激しい痺れを引き起こします。また、ヘルニアが長く続いてしまうと足の筋力が衰え階段を登るときにつまずきやすくなってしまいます。また、排泄の際にも不便があり出なくなってしまうこともあります。なってしまった場合の注意ですが、このまま何もしなくて良いというわけではありません。まず、患部を冷やしておきましょう。そしてなるべく身体を動かさないようにし安静にしておきましょう。患部を冷やしておかなければならないため入浴は控えておきましょう。

保存療法

ヘルニアの治療には数ヶ月かかるといいますが、保存療法を行っていると回復が早くなるといいます。それも、どんなものかというと安静にして痛くない姿勢をとっておくことです。とにかく身体を動かさずに横になり安静にしておきましょう。しっかりと安静にしておくことで急性期の痛みは数日でなくなるといいます。しかし、多くの人は安静にしようとしてもできていなく負担をかけてしまっており、数ヶ月もかかってしまうのです。これを知っておくことでかなりの痛みが抑えられます。痛みが抑えられた後は温熱療法、低周波治療と呼ばれる保存療法です。温熱療法は生体内にエネルギーを注入し熱源とすることで生体治療を行うことです。低周波治療は、電流で神経を刺激させる療法です。

名医を探して

医者

ヘルニア手術には、内視鏡手術がタウンタイムも短く日常生活に早く復帰できると言われています。ですが、内視鏡手術は医師の技量に掛かかっています。内視鏡の名医を探して手術を受けるのもひとつの手だといえるでしょう。

読んでみよう

最先端椎間板ヘルニア治療

女性

現在、椎間板ヘルニアの治療法として注目を浴びているのがPLDDレーザー治療法です。施術の時間は僅か15分で行なえて、翌日から仕事もすることが出来ます。そのため、多くの患者から注目を集めている施術方法なのです。

読んでみよう

優れたMRI検査

病棟

頸椎椎間板ヘルニアのMRI検査は、時間が長いことが問題で、開発が進んでいます。したがって、要する時間が短くなることが予想されているのです。また頸椎椎間板ヘルニアのMRI検査は、ペースメーカーが禁忌とされてきました。しかし、現在はペースメーカーの素材が改良されて、MRI検査が可能なものも増えています。

読んでみよう