最先端椎間板ヘルニア治療|ヘルニアのつらい痛みとおさらば~しっかりと治療を~

ヘルニアのつらい痛みとおさらば~しっかりと治療を~

医者

最先端椎間板ヘルニア治療

女性

椎間板ヘルニアというのは、椎間板という骨のクッションの役割を果たしているものが何らかの原因によって飛び出してしまい神経を圧迫して痛みを伴う病気です。痛みが進行してしまうと、歩行を初めて排尿排泄といったものも自然にできなくなってしまう可能性がある大変危険な病気です。現在、大なり小なり椎間板ヘルニアの患者は多くいます。そのため、クリニックも数を増やしてきました。また、最新の治療法としてPLDDレーザー治療という方法で治療を行なっているクリニックが増えてきました。PLDDレーザー治療法は、局部麻酔を行ない問題のある椎間板そのものに針を直接さして治療を行ないます。針の先からレーザーを照射することで椎間板自体に空洞を作ります。その空洞に、飛び出した椎間板が引込み辛い神経の痛みや痺れがよくなっていくのです。傷口も小さく、麻酔を行なうために2mm程度の小さな小さな穴を開けるだけで施術法も簡単なため、術後翌日から隊員をして仕事にも復帰することが可能です。

椎間板ヘルニアが、簡単なレーザー治療によって終わることによって人気の施術法です。そのため、多くのクリニックではPLDDレーザー治療法を取り入れて、椎間板ヘルニアの改善を目的とするクリニックが増えてきています。しかし、全てが最善な治療法を行なってくれるとは限らないのが現実的な問題です。椎間板ヘルにはを、PLDDレーザー治療で治したいのであればそのクリニックの治療件数や治療経験などを調べましょう。また、費用や治療する範囲は適切か調べてクリニックを選ぶ必要があります。